抗がん剤を利用する際には副作用について知っておこう

改善されていくもの

がんの状態を抑えるために必要な抗がん剤ですが、副作用が多い事でも知られています。がんの種類によっては抗がん剤治療が必要になり、手術が出来ない状態で化学療法を行っているなら特に抗がん剤が重要になります。抗がん剤にはいくつかの種類があり、がんによって使用されるものや効果などにも違いがあります。抗がん剤治療による方法を大きく分けると、薬を摂取する方法と点滴や注射によって注入する方法に分けられます。抗がん剤治療を受けた時に心配なのが副作用ですが、抗がん剤によって体にどのような影響が出るのか詳しく知る事が必要です。副作用の現れ方には個人差がありますが、副作用が出る時期や症状について事前に理解する事も大事です。

抗がん剤治療による副作用には、髪の毛やまつげや眉毛など毛が抜け落ちてしまう脱毛の症状が現れるようになります。症状が出る時期は2週間辺りから始まり、治療が終了した2か月後くらいから脱毛の症状が収まります。さらに吐き気や嘔吐などを起こしたり、下痢や便秘などの症状も出始めるなど体調にも大きな影響が出るようになります。めまいや立ちくらみなど貧血の症状も起こるなど、副作用によって日常生活にもさまざまな支障が出てしまいます。それぞれ副作用の症状には個人差がありますが、治療が終わると少しずつ状態も改善していくようになります。抗がん剤治療を受ける前に色々な情報を知る事で、副作用による症状についても対策する事が出来ます。