抗がん剤を利用する際には副作用について知っておこう

女性にとって辛いこと

元気な生活を過ごしていれば、自身が病気になる想像がつかないものです。しかし、現代では生涯に何かしらの癌にかかる可能性が高いのも事実です。大切なことは、どのタイミングで、どれだけ早期の状態で病気を見つけることができるのかが、生存率の鍵となります。特に癌は、自分では見つけることが不可能であり、定期的な健康診断を受けておかないと、発見が遅れることもあります。では、癌と診断されたなら、状態によっては手術を受けてから抗がん剤を受けたり、抗がん剤を先に受けてから手術となる場合もあります。昔のイメージですと、抗がん剤は激しい吐き気や髪の毛が抜けるという怖いイメージばかりですね。しかし、現在の医学は格段に進んでおり、薬もどんどん進化しているのです。

抗がん剤の副作用で一番不安に思うことは、女性なら髪の毛ですね。治療段階の副作用で、髪の毛が全部抜けてしまう方もいます。これは、髪を大切にする女性なら、なおさらつらいことですが、自然なカツラを一つ作っておけば、外出も普段どおりにできます。治療が完了すると少しずつ髪の毛は生えてきますし、数か月後には、また元のように地毛で生活していけますので、しばらくの辛抱です。吐き気は、個人差がありますが、以前よりもずっと副作用の少ない薬が開発されていますので、身体にかかる負担も楽になってきています。副作用については、医師にそのつど相談をして、不安を取り除いていきましょう。なかなか健康診断を受けない方もいますが、病気の有無に関わらず、自身の身体の状態を把握しておく方が望ましいです。